単身での引越

進学します

単身の人の引越しは色々な状況があります。

単身赴任の人や入学、卒業に伴う移動、就職がきっかけの引越しや住む場所の移動などです。

 

単身の引越しの状況の人で多くの人が3月の引越しが多くなります。
安く引越しをする人などは荷物だけ宅急便で送って、大型の家具家電は購入して配送という方法で安くしている人もいるのです。
単身の人は荷物自体が少ないので一見、安くなるかなと思ってしまいますが、どちらかというと引越しシーズンの引越しが多くなります。
そしていつまでに移動しておかないといけないという日にちの制限があるので金額が意外にかかってしまうのです。

 

なので対策としては引越しの日程がわかったらすぐに引越しの手配をすることです。
引越しシーズンなので思うように予約が取れない可能性がありますので、とにかく早く予約を入れることがポイントになります。
インターネット割引や早割りなどもありますので少しでも安くなるようにうまく利用してみて下さい。

 

他にも業者によっては単身パックなどのプランがあります。
荷物を少なくして単身パックを利用するのもお得なのです。
ヤマト運輸など大手の宅配業者などで取り扱っているので確認して利用すると安く引越しできる可能性もあるという事になります。

進学・就職のための引越

進学や就職のために親元を離れて暮らすために引越しは、平均は5万円から7万円くらいです。距離が長くなればもっとかかることになります。近場であれば3万円以内で収まりますが、10万円以上になります。

就職する女性

進学や就職で引越しをするということは、親元からは通えないということで引越しをするということなので遠く離れた地へ移動することになり、その分料金も高くなってきます。就職や進学で引っ越す場合は単身パックが便利でお得です。単身パックであればどこの業者を利用しても料金やサービスはそれほど変わらないではと考えるかもしれませんが、実際はそうでもないのです。実例を挙げれば相見積もりを取って、比較したところある会社では一番高い見積もりを出した業者の半分の料金になった〜というようなことは結構あることなんです。なので最初から一つの業者に決めることなく複数の業者から見積もりを取って比較交渉しながら、一番有利な条件のところと契約するようにしてください。

 

進学や就職でアパートやマンションで新生活を開始するにあたって、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。
大まかには40万円くらいが平均してかかる費用だそうです。
これには、日用品や家電や家具の購入費用、そして賃貸の敷金や礼金なども含まれます。かなりの費用がかかりますね。進学先や就職先の近くに親族がいる場合は、そこに下宿させてもらうという人も多いようですね。これなら家電や家具の購入費を節約したり、住宅賃貸の初期費用もかかりません。大体は食費など月数万円を下宿先に支払うパターンが多いようです。
3月くらいになると大手の家電店では、新生活応援パックなどで生活家電をセットで割安価格で販売しています。それで足りない家電などはリサイクルショップなどを利用するとよいでしょう。

 

物件はインターネットで調べて決めるのではく、実際に現地に行って確認しながら不動産業者さんと直に合って交渉すると、案外良い物件を紹介してもらえる場合が多いです。これはインターネットには掲載されていない物件を多くの業者さんでは取り扱っているからなんです。そして直に合って交渉することで家賃の値下げや敷金や礼金などのカットにも応じてくれることだってあるんですよ。"

 

トップへ戻る